吉井春樹の企画編集のフォトポエムBOOKとセミナー風CDマガジン「月刊うれしぴ」

:過去のラインナップ

:過去のラインナップ


通常刊行。1805号(85)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  ホ リ デ ー 解 禁 。」


「やすんで、ひらいて。」

来る日も、来る日も、

がんばってきたのです。

ずっと、続けてきたのです。

絶え間ない努力を、

掛け替えのない奉仕を、

継続は力だからこそ、

いつかのだれかのために、

それを蓄え続けたのですね。

そして、それをいま、

使う時がきたのです。

解き放つときがきたのです。





うれしぴポエムBOOK85
※画像製作中
「  いえなさい 。 」

〜いえなさい~

どうか、治ってほしい。

どうか、癒えてほしい。

十分、大切さを知っている。

この先も、必要なのです。

治したいカラダがある。

癒えてほしいココロがある。

コトバは無力であるけれど、

だからこそ全力で、解き放ちます。





うれしぴトーク85
※画像制作
「すりいぷ。」
 ■5つのテーマ
・バカもやすみやすみいえーい
・家をつくろう
・その先に休む
・蓄えを今使う
・先回りを後回し


通常刊行。1804号(84)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  咲 く オ ブ ラ イ フ 。」


「まいにち、咲こう」

長い年月をかけて、
成長して、熟して、
年輪を重ねて、続けて、
というものを経て、
開花していく草木。

それもまた自然で
それもまた素敵です。

ただ、
「花」でなくとも
「根」でも「芽」でも
「幹」でも「枝」でも
ひとつひとつを
「咲いた」ように
とらえることができたら、
まいにちが、開花日和、
でいられるんじゃないかな、と。





うれしぴポエムBOOK84
画像の説明
「  開花日和 。 」

〜まいにち、さかせて~

世界にひとつだけの花でも

世界にたらふくある花でも、

花になるまえの種でも、芽でも、

あるいは、根っこでも、茎でも、

それぞれが「愛情」をうけて、

すくすくと「咲いて」いくもの。

ジブンがどんな風に咲いているか、

そして、どんな風に咲かせてゆきたいか、

満開でも、八分咲きでも、蕾でも、

そのどれもの咲き方を、いつくしんで、

うれしくなれるような、4月をいろどれたら。





うれしぴトーク84
画像の説明
「ひらひら。」
 ■5つのテーマ
・ジブンをひらく
・ひらひらと交わす
・風にのって次へいく
・平均とは逆に特殊
・咲くためにしてること

1803号(83)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  枯 渇  プ ラ イ オ リ テ ィ 。」


「枯れゆくのはなぜ」

2度目の成人式を迎えて、

気分は、人生の後半戦。

とりたてて、大きな変化が

あるわけではないとも思いつつ、

部屋のグリーンの元気がないと、

ちょっと悲しいきもちになって。

その悲しいを嬉しいにできればと、

枯葉をみながら、つくっています。




うれしぴポエムBOOK83
画像の説明
「  ゆずりはる 。 」

〜つぎを愛するから、ゆずる~

奪われるわけじゃなく、

犠牲になるわけでもなく、

大切なひとと、大切な自分のために、

ありったけ、を注いだ証。

それは、健気で、

それは、頑固で、

それは、可憐で、

それは、可愛い。

咲き誇るのも美しいけれど、

枯れ誇っていく姿もまた、

ちがった美しさがあるような気がして。

「枯れる」ということを

「愛でる」想いを込めた、

フォトポエムBOOKです。





うれしぴトーク83
画像の説明
「かれんで。」
 ■5つのテーマ
・年齢を重ねるしあわせ
・2度目の成人式
・毎日今日が一番あたらしい
・可憐のほんとの意味
・自然体とふふ自然体





ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」プレゼント中
画像の説明
「うめも」の書き方、残し方を、
「御守り」仕立てにしてプレゼント
「うめも」の「まなざし」
画像の説明

通常刊行。1802号(81)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  自 惚  レ タ リ ン グ 。」


「自惚」

自問、

自信、

自衛、

自演、

自給、

自作、

自営、

自称、

自在、

自問、

自答、

自由、

自戒、

自覚、

自分、

自惚。

みずから、って、

なににもまして、

チカラを持ったもの。

みずからほれることで、

いろいろなみずからを選ぶ。

ジブンで、ジブンに、

惚れてくメッセージを込めて、

つくる「うれしぴ」です。




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK82
画像の説明
「  大 き ら い 。 」

〜嫌いと大嫌いのちがい~

大嫌いは

嫌い、とはちがう。

嫌いよりも

もっと強く感じて、

大嫌いになれるもの。

それは、

大好き、ともにてて、

大嫌いになれるものは

大好きになれたりもする。

もちろん、大嫌いなままでもいい。

そして、その

大嫌いを愛でられるといい。

フォトポエムBOOKです。





うれしぴトーク82
画像の説明
「いやいや。」
 ■5つのテーマ
・いやよいやよも
・嫌いと好きの間
・ニガテの共有
・嫌いの中の好き
・いやにチャレンジ

通常刊行。1801号(80)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  円 満 リ ス タ ー ト 。」


「Restart」

2018年のはじまりに、

また、もういちど、

丸やかなきもちで、

満たされたきもちで、

はじめなおせるように、

想いをこめて、つくります。




''2018年の卓上カレンダー 「嫌嬉暦」プレゼント!
画像の説明

「月刊うれしぴ」をご注文いただいた方に、
2018年の卓上カレンダー「嫌嬉歴(いやうれしこよみ)」をプレゼント!

「嫌なことが、
 嬉しいに変わる」

といいなと想いと願いを込めて、
つくらせてもらう、作品たちです。

毎月、1いや。
1年で、12いや。

嫌なことが
嬉しいに変わる
喜びを毎月、いや毎日、
味わってもらえますように。

●1月「負嬉」
●2月「嫌嬉」
●3月「落嬉」
●4月「別嬉」
●5月「暗嬉」
●6月「雲嬉」
●7月「止嬉」
●8月「影嬉」
●9月「隠嬉」
●10月「難嬉」
●11月「泣嬉」
●12月「終嬉」




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK81
画像の説明
「  なかなおり。 」

〜仲好小好。~

ふたりが、

円満に、

すごせるように。

それは、

たいせつなひとと

たいせつな自分とが

なかよしこよしで、

過ごせるようにと

想いを込めてつくる

フォトポエムBOOKです。





うれしぴトーク81
画像の説明
「えんまん。」
 ■5つのテーマ
・丸いふたり
・満たすこと欠けること
・ゆびきり円満
・仲良しを続けるには

通常刊行。1712号(80)のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  お 互 い 様 リ プ ラ イ 。」


「each other」

「お互い様」っていう

意味の英語が好きです。

もちろん「お互い様」そのものの

言葉もとても好きなのです。

お互い様って、

「困ったときはお互い様」

っていう使い方があるけれど

「嬉しいときもお互い様」

っていう使い方もできたらいいなと。

自分がうれしいとき

誰かがうれしいとき

どちらのうれしいのときも

お互い様という感じで

分け合えることができたら

いついかなるときだって

ずいぶん、うれしいを

巡らせていられそうで。




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK80
※表紙画像製作中
「  おかえし。 」

〜うれしい、おかえし。~

たくさんの「うれしい」を

プレゼントしているからこそ

たくさんの「うれしい」が

かえってきているのですね。

自分にめぐりかえってくる、

「うれしい」を思い出して、

「うれしい」を素直にもらって

「うれしいプレゼント交換」を

してしまえるような言葉たちです。





うれしぴトーク80
※ただいまラベル作成中
「くりすま。」
 ■5つのテーマ
・毎日がクリスマス
・勝手にもらうプレゼント
・プレゼントしたら喜ぶかな
・プレゼントコンプレックス
・おかえしの選び方

  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  や わ ら か セ ン ス 。」


「どんなセンスがほしい?」

絵がうまい。

歌がうまい。

サッカーがうまい。

話がうまい。

デザインがうまい。

文章がうまい。

人付き合いがうまい。

いろんな

「うまい」があって

いろんな

「うまくない」がある。

できればきっと

「うまい」をみんな

ほしいものだと思うけど

「うまい」より

「やわらかい」ほうが

なんだかとっても

気楽でいい。

うまいより、

やわらかいことで

うれしいを

みつけられる。




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK79
画像の説明
「  ふにゃる。 」

〜かたくなに、やわらかく。~

やわらかいのが、きもちいい。

やわらかいひとがいい。

やわらかい考えがいい。

やわらかい物腰がいい。

やわらかい発想がいい。

やわらかい空気がいい。

かたいのもいいけれど、

やわらかいことによって

うれしいことがいっぱい

増えていくんじゃないかなと。





うれしぴトーク79
※ただいまラベル作成中
「はらひれ。」
 ■4つのテーマ
・一枚脱いでみる
・頑なポイントを探す
・やわらかいを探す
・だらしなく幸せになる

通常刊行。1710号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  や わ ら か セ ン ス 。」


「どんなセンスがほしいですか?」

絵が描けたらいいな。

デザインができたらいいな。

文章がかけたらいいな。

おしゃれできたらいいな。

うまい、へた、

みたいなものというのは

あこがれるものです。

その中でもほしいのは

うまい、へた、

もいいけれど、

やわらかいのがいい。

なんでも入る。

なんでも変わる。

なんでも広がる。

やわらかいことへの

センスを磨くことが

うれしいのがいい。




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK79
※ただいま画像を作成中
「  ふにゃる。 」

〜かたくなに、やわらかく~

やわらかいほうをえらぶ。

いついかなるときもえらぶ。

そのままにしておくと

かたくなってしまうから

いっしょうけんめい

かたくなに、やわらかくあろうとする。

こころがやわらかくなる

あたまがやわらかくなる

メッセージと写真を込めて。





うれしぴトーク79
※まさにいま画像作成中
「ほろほろ。」
 ■4つのテーマ
・ほろり話をもっておく
・やわらかキープ
・やわらかい人とかたい人
・やわらか頭の生かし方


通常刊行。1709号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  御 機 嫌 マ ニ ュ ア ル 。」


「あなた自身を御機嫌にするには?」

できれば、御機嫌でいたい。

ずっとずっと御機嫌でいたい。

だけど不機嫌になることもある。

でもまた御機嫌になることもある。

御機嫌になるとき、不機嫌になるとき、

それはきっと、ジブンなりに

決まっているものがあるはずです。

ジブンを知って入られたら

ジブンを先取りができたら

未然に防いだり、その後に改善したり、

御機嫌でいられるジブンが

どんどん増えていくはずです。

むずかしいことでなくても

小さな御機嫌なジブンを作れる、

御機嫌マニュアルをつくってみたら。




ほぼ6周年御礼グッズ「うめも」
画像の説明

前回プレゼントさせてもらった
「うめも」にさらにおまけです。

「うめも」の書き方、残し方を、
1個のおまもり仕立てにして、
プレゼントいたします!

「うめも」の「まなざし」
画像の説明





うれしぴポエムBOOK77
幸せルール
「 幸せルール。」

しあわせルール。

いままでのルールが
ほんとに必要なのかな。

そしていままでのルール違反、
ほんとにそれでいいのかな。

ジブンをしあわせにする
っていう目的のために
ルールを守ってあげる。
ルールを破ってあげる。
ルールを作ってあげる。

だれかをしあわせにする
っていう目的のために
ルールを守ってあげる。
ルールを破ってあげる。
ルールを作ってあげる。

ルールは
守っても、破っても、
しあわせになれる。

そう思って
しばりあげたり
ときほどしたりしてく
ジブンだけの
しあわせルール。





うれしぴトーク77
画像の説明
「おきまり。」
 ■4つのテーマ
・定番を見直していく
・コーディネートをかえる
・新しいルールのつくり方
・一人ルールと他人ルール

通常刊行。1706号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  御 機 嫌 パ ラ ソ ル 。」


「いい天気ってどんな天気?」

雲ひとつない青空に

ココロ晴れやかになる日がある。

降りつづける雨音に

ココロ落ちつく一日がある。

空の気分に左右されずに、

いつも、どんなときも、

御機嫌でいられるような、

ココロの傘みたいなものを

持てたら、うれしいなって。





うれしぴポエムBOOK74
※ただいま準備中
「 虹を見たけりゃ、雨を超えなきゃ。」

虹を見たけりゃ、雨を超えなきゃ。

晴れているばかりじゃ
虹は輝かないのですね。

雨ふりしきるばかりじゃ
虹は見えてこないのですね。

晴れがあって、雨があって、
はじめて虹があらわれる。

あなたの雨はなんで、
あなたの虹はなんですか。

雨を超えるコトバを
虹に出会えるコトバを
伝えてみたいと思います。





うれしぴトーク74
※ただいま写真を選び中
「れいんぼ。」
 ■5つのテーマ
・白黒発想か七色発想
・ほんとに七色?
・太陽と雨の必要
・マイ虹をつくる
・虹のようなコトバ

通常刊行。1705号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明

テーマは


「  人 生 ベ イ ベ ー 。」

「どうすれば大人になれるの?」

という質問に、

「子供に戻りたいと思ったら大人だよ」

という答えがあると聞きました。

たしかに、納得です。

じゃあ、

子供に戻りたいと思う大人な僕たちは

どうすればいいんだろう、と考えました。

ちゃんとする。しっかりする。

それは大人になる、大人を続けるってこと。

それは幸せなことではあるけれど、

その幸せが重く感じることだってある。

ときどき、子供に帰りたい。

いえ、いつだって、小さな自分の子供を、

たいせつに、守りながら、過ごしていたい。

そうすることが、もしかしたら、

毎日の中の、ちいさなうれしいを、

守ることや、みつけることにだって、

つながっていくのだと思ったので。





うれしぴポエムBOOK73
※ただいま準備中
「 こどもなまんま。」

こどもにかえろう。

我に帰らない。
冷静にならない。
夢中になっていく。
計画を立てない。
いろんな
しなくちゃいけないこと
忘れてしまうことから
子供に帰っていけるのかも。





うれしぴトーク73
※ただいま写真を選び中
「おじゃれ。」
 ■5つのテーマ
・だじゃれする
・こじゃれてみる
・びしょぬれになる
・じゃれてみる

1704号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 
画像の説明

テーマは


「  自 分 タ イ ム ズ 。」

ぼくたちは、ひとりひとり、
自分の時間をもっている。

その時間は、
ある人からみれば、早くて
ある人からみれば、遅くて。

あるいは
ちがう人からみれば、長くて。
ちがう人からみれば、短くて。

そういう
自分の時間をもっている。

時間は、
命にも
例えられるもの。

僕たちが
もっている時間は
すべて、「残り時間」で
それは、そのまま
命であり、寿命、みたいなもの、
とも考えられもするものです。

そんな「時間」について、
深刻になるのでなく、
焦らすわけでもなくて、
大切に時間を過ごせるように
大切に時間を生かせるように、
時間を「うれしい」と変換する
そんなメッセージを
お届けしたいと思っています。





うれしぴポエムBOOK72
※ただいま準備中
「 時間と交換する大切。」

あなたの時間を何と交換しますか。

1秒あれば幸せになれる
1秒あれば不幸せにもなれる。
3日あれば、何をするだろう。
3日しかなければ、何をするだろう。
時間をつかって、何をするだろう
時間をだれのために使うのだろう。
そんなことを考えながら、
「時間」とひきかえに
どんな”大切”を味わえるのか、
書いてみます。伝えてみます。





うれしぴトーク72
※ただいま写真を選び中
「のんびり。」
 ■5つのテーマ
・時間を許す
・待ち時間の楽しみ方
・時間を意識する
・時計を見ないで暮らす
・時間を奪われない過ごし方

1703号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


うれしぴ1703_big

テーマは


「  さ よ な ら カ ラ フ ル  。」





うれしぴポエムBOOK71
画像の説明
「 お別れするだなんて。」

出会いより多い別れはない。

そんなつもりで、別れと出会いを
いつくしみながら、「さよなら」を
今までとはちがう気持ちで伝えたり、
受け止めてもらえるような機会になったら
いいな、という1冊でございます。





うれしぴトーク71
画像の説明
「べつべつ。」
 ■5つのテーマ
・さよならの本当の意味
・自分らしい”別れのコトバ”
・後悔より先にほしかったもの
・さよならしなくてもいい
・さよならされるしあわせ

通常刊行。1702号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


うれしぴ1702_big

テーマは


「  甘 々 ペ ー ス  。」

そんなに世の中、甘くないよ。

そんなに商売は、甘くまいよ。

それくらいで休むなんて、甘いよ。

それくらいで諦めるなんて、甘いよ。

それくらいで泣くだなんて、甘いよ。

って、

辛口なひと、辛口なやさしさを、

たくさん、浴びているかもしれません。

だけど、あえて、

もうちょっと、ちゃんと、

あまあまで、ゆっくりで、だめだめで、

そういう時があっていい。

そういうあなたでいてもいい。

そんなジブンに

「甘々」なペースで

取り戻してもらえるようだと、うれしい。





うれしぴポエムBOOK70
画像の説明
「 好きなだけおかわり。」

最近、"おかわり”したのはいつですか?
カロリー気になるし、人の目も気になるし、
もったいないし、明日も味わいたいし、
家族に分けたいし、いろいろ気になる。

そんなこんなでいつからなのか、
「おかわり」ができなくなってる。
「もう一回」が言えなくなってる。

そんな”おかわり”を本の中で、
味わっていただけたら、嬉しいです。





うれしぴトーク70
画像の説明
「でふらぐ。」
 ■5つのテーマ
・甘いものは”ほんとうに”別腹
・オオカミも月曜日がおやすみ
・うれしい”定例会議”を設ける
・新旧いれかえ戦を行おう
・適材適所&適時適語で

画像の説明
テーマは


「 こ と ば を く り す ま す 。」


です。




「ことばをくりすます」という特集テーマ。
2015年の最後に贈るうれしぴです。
丸一年をたっぷりと「嬉」に変えてもらえるような
小さな「嬉」をいっぱい思い出してもらえるような
そんな、うれしぴを考えています。

クリスマスといえば
おくりものといえば
コトバ、でございます。

コトバを通じて
「嬉」を感じてもらえるよに
お届けさせてもらいます。


うれしぴポエムBOOK56
画像の説明
「ごんべんのチカラ。」
写真詩×30編前後(全36ページ相当)
コトトレグループ展「ごんべんのチカラ展」
▼「ごんべんのチカラ」
 ~言にみまもられて~

 「誓」
 「許」
 「認」
 「信」
 「謎」
 「議」
 「誇」
 「証」
 「誕」
 「誰」
 「誠」
 「讃」
 「謝」
 「誤」
 「計」
 「誑」
 「認」
 「譲」





うれしぴトーク56
画像の説明
「ことのは。」~コトバのプレゼント交換。~
 ■3つのテーマ
・コトバisプレゼント
・ことのはじまり
・言わなきゃ伝わらないエピソード

通常刊行。1511号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明
テーマは


「 無 敵 と 素 敵 。」


です。




「無敵と素敵」という特集テーマ。
単なる”だじゃれ”っていうわけではなくて、
敵がいない、ということとの本来の意味と
「素」ということについて掘りさげていく
お話と、写真詩集をつくらせていただきます。

きっと、凹んだ気分のときに励みになるし、
イヤなこと、ニガテなこと、悲しいことに
出会うことへの恐れが少しやわらいでくれる。

そうすることで「嬉」という感覚を
味わいやすくなると信じた今回のうれしぴです。


うれしぴポエムBOOK55
※画像作成中
「凹んだままがんばれたら無敵だ。」
写真詩×30編前後(全36ページ相当)




うれしぴトーク55
※画像準備中
「てきてき。」
・「むてきだ」朗読
・無敵
・イコール
・素晴らしすぎて敵わない
・チガイイ

復刊第4弾、1509号のうれしぴは↓な感じになっています。
  特  集   予   告 


画像の説明
テーマは


「 自 分 ル ー ル 。」


です。




「自分ルール。」その言葉どおり、自分でつくったルール。
それは、自分自身を守るためであり、自分自身が心地よく、
自分らしく生きてくために、長年つちかって築き上げた、
他のだれのためでもない、自分のために生まれたルール。

そんな「自分ルール」を見直してみることや見付けることで
自分がもっとうれしくなれるヒントに出会えるのかもしれない。
だから、自分が決めた、自分のオキテを、うれしぴトークや
うれしぴポエムの中に、たっぷり織り交ぜていきます。



うれしぴポエムBOOK53
画像の説明
「ありえないあたりまえ。」
〜すべてぼくがぼくのために選んだこたえ。〜


<ブログで作品公開>
★作品ブログ「366の手紙」
http://ameblo.jp/l-e-t-t-e-r-s





うれしぴトーク53
画像の説明
「るるなし。」
・「るるなし」詩の朗読
・だれのルールで生きるか
・他人のルールへの想い
・知らぬ間に遵守していること
・自由さがし
・不自由さがし




復刊の特典。
待っててくれて御礼5ヶ月で5冊プレゼント企画。

過去に人気の高かった5作品を再編集して書籍化。
5か月連続で毎月1冊、プレゼントいたします。





画像の説明
1509号特典BOOK「しあわせな負け方」

画像の説明

テーマは

「 い と し き お ひ と 。」

です。

いとしいひと。

そんなひとを

思い浮かべる時間って

ついついニヤニヤしたり

ニコニコしたりしてしまえるもの。

そういう、

いとしいひとを

いっぱい考えて、

あらためて慈しんで

うれしい気分を

いっしょに味わいましょう。




うれしぴトーク47
※現在準備中
「こいびと。」
・はじめてのすき
・いつまでもすき
・かなわないすき
・おわかれしたすき



うれしぴポエム47
※現在準備中
「好きになってよかった。」


<ブログで作品公開>
15日から20日までの間に、5日限定でブログに作品を
5編、公開させていただいています。★作品ブログ「366の手紙」
http://ameblo.jp/l-e-t-t-e-r-s

そして、1403号の表紙デザイン公開です。

赤ならぬ、ピンクのスイートピーをモチーフに、

あたらしい門出、あるいは、これからのための別れ、

そんな昨日までとはちがう今日、明日をイメージした

そんな表紙になっておりますです。

画像の説明

テーマは

「 あ た ら し き あ た り ま え 。」

です。

いままでどおりではない

あたらしいあたりまえをつくって

それがきっと

「うれしい」をつくってくれるはず。

いままでと同じにしておきたいものと

いままでとは違う感じにしていきたいもの、

そのどちらもバランスをとりながら、

選んでいけるとうれしいなあ。

そんな月刊うれしぴ1402号の中身は

画像の説明
うれしぴトーク42「ちがいい。」

みんなちがって

みんないいって、

有名な言葉がありますが、

そういう「ちがう」

っていうことを大切に

思えるようになったり

楽しめたり、慈しめたり、

そしてまわりの「ちがう」を

受け入れやすくなったりする

そういうつながりを見つけたり

さらに深く結んだりするための

お話をさせていただきますね。

「ちがいい」の6つのお話。
・普通コンプレックス
・人とちがっていい
・豚汁とけんちん汁
・「ちがう」じゃない言葉で
・小さな変化にきづく
・自分の中でもいろいろちがう





画像の説明
うれしぴポエム42
「ちがう明日へ」

ーーーーーーーーーー

<月刊うれしぴ創刊4周年御礼企画>

画像の説明
第1弾「うれしぴぼん(橙)」、

画像の説明
第2弾「うれしぴ十六文字カレンダー2014」、につづいて、

どれも非売品。
たぶん二度とつくれません。

画像の説明
第1弾「うれしぴぼん(藍)

そんな第3弾のプレゼントが
ほんとにようやく完成です。

すこしさかのぼりますが、
前前号1401号を購読くださったみなさまに
お送りさせていただきます!!!!!

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
2014年はじめての、うれしぴ。

1401号は、もうお手元に届きましたでしょうか?

年賀状もそろそろみなさまのもとへ

届いているころなんじゃないかと思いつつ。

次のうれしぴの特集タイトルを

いざ、発表させていただきます。





「 お す き な ほ う へ 。」



表紙はこんな感じ。

画像の説明

うれしいことを

みつけるためには

すきなもののそばに

いることがとてもたいせつ。

すきなばしょや

すきなものがあるところに

たどりつくためには、

いつもいるためには、

きっと

「すきなほう」を

いつも選ぶことが

すごくすごく大切です。

そんな想いを

たらふくに込めて

次号のうれしぴ。




そんな1402号でお届けする2つのうれしぴ

画像の説明
うれしぴトーク40
「かこすき」を伝える5つのお話
・嫌いだった過去の自分
・自分年表
・過去を味方にする
・他人の過去
・過去をかえるには

画像の説明
うれしぴポエム40
「好きかもしれない」
好き!と言いきれるほどわかりやすく好きな気持ちを
把握できないときだってあるんじゃないでしょうか。
特に出会ったばかり、別れた直後、あいまいな中に
大切なキモチ、大切な選択肢があるのではないかと。
それを30篇のフォトポエムにしたためています。

>>

画像の説明

「ま た は じ ま る し  あ わ せ 。」

2013年も、もうすぐ終わり。

しあわせであればあるほどに

その終わりが来るかと思うと

しあわせだったなあと満たされた心地と共に、

このしあわせをもう味わえないのかと

うしろ髪をひかれる想いを抱きながら、

新しい一年を迎える方もいるかもしれません。

うれしぴのこのページを見てくださっている方の

99%以上の方がおそらく2回目以上の年越しのはず。

そう思うと、充実していた一年を終えるうえでの

乗り越え方を心得てらっしゃるようにも思います。

一年が一旦おわる。

それど同時に新しい一年が始まる。

終わるたびに、始まる。

そんな始まりのたびに味わえるしあわせが

たしかにあるのではないでしょうか。

そんな”またはじめる”

ということに関するしあわせを、

そして、さまざまなしあわせについて、

また改めて考え始めるきっかけとして、

今回のうれしぴが担えたらなと。




そんな1401号でお届けする2つのうれしぴ

画像の説明
うれしぴトーク39

「ぜったい」を伝える5つのお話
・絶対ってある?
・絶対しあわせと、相対しあわせ
・絶対はどこにある?
・絶対的なものって何?
・イ◯ロー選手のお口

画像の説明
うれしぴポエム39
「絶対幸福」

15日から20日までの間に、5つだけブログで作品を
公開させていただいています。★作品ブログ「366の手紙」
http://ameblo.jp/l-e-t-t-e-r-s


☆↓の初回特典終了☆

【初回特典】 年下オトコ×年上オンナ(きもちの栞付き)


年の差恋愛のプロポーズにも使われた本。
オリジナル「きもちの栞」を添えて。
エピソード詳しく→

初回特典年下オトコ2



初めて「うれしぴ」を申し込んでくれたお返しに、
フォトエッセイ「年下オトコ×年上オンナ」を同封。
テレビ番組でもよく見かける作家の内藤みかさんと、
ご縁をいただいて共著した年の差恋愛交換詩集です。
なんと過去に、この本をプロポーズに使ってくれた方がいます。


月刊うれしぴ初回特典栞



女性が自分のきもちと共感した詩のページに栞を挟んでプレゼント。
本を読んだ男性からも自分のきもちの詩ページに栞を挟んで返送。
年の差恋愛に限らず、恋愛に限らず、お友達にも、
あなた自身にも、きもちを栞に閉じてみていただきたいです。


2010年の10月に創刊した月刊うれしぴ。

おかげさまで4周年目に突入となります。

その記念すべき4年目となる1311号の表紙デザインは、

4といえば、四ツ葉のクロバーということで、

4年前に奥さんが見つけた四ツ葉のクローバーの

”押し花?”を表紙に登場させてもらいました。

画像の説明

今回の特集テーマは

「うれしあわせ」です。

うれしいと、

うれしいが

かさなりあって

あわさったら、

それはもう

とくべつなとくべつな

しあわせ。

うれしあわせ。

4年分の

うれしいを込めて

37回分の

うれしいを凝縮して

うれしあわせを

こしらえたいと思います。

そして、今月のメニューです。

うれしぴトーク37「おかわり。」

うれしぴポエム37「なんどでもなんどでも」

画像の説明

「あまぁくかんがえる。」

特集テーマワードです。

画像の説明

「たとえささやかであれ。」

特集テーマワードです。

画像の説明

「 ひ と い き つ こ 」

ずっと、ずっと、ずっと、

息をはきだしつづけてませんか。

長い間、だしつづけたなかで

ほそく、よわく、ゆるく、なった。




そんなときなのに、

それでもがんばっていて、

そしてそしてがんばりつづけてること。




さきを急がないで、

まわりを気にしないで、

もうどこにも動かないで。




いま、

ここ、

自分。




それを感じるために

ふっとチカラを抜いて、

深呼吸してみたらいい。

ぐっと、深呼吸をする。




たっぷりと、

エネルギーを

吸い込んでいるような。




体のふしぶしまで

そのエネルギーが

行き渡るかのような。

そんな、

深呼吸をすること。




明日のために

ひといきつこ。




画像の説明


うれしぴトーク「おやすみ」


・おやすみって言う
・皆勤賞なんていらない
・やすむほうがはかどる
・やすむ=がんばってない?
・やすみのつくり方
・自分の時間を優先する
・休みを先に入れる
・やすみをいっしょにすごせる
・やめるんじゃなくてやすむ





画像の説明


うれしぴポエム「1秒でしあわせになれる」




1307表紙_オモテ_影

7月号の表紙デザインは、

四葉のクローバーの

ハンコでございます。

デビュー当初から

応援してくださってる方から

吉井といえば四葉のクローバーということで

プレゼントしていただきました。

それが嬉しかったので、

嬉しさをあらわしたくて

おすそわけしたくて、表紙に任命ですw


画像の説明


うれしぴトーク「おもひで。」

しあわせな思い出が

増えれば増えるほど

うれしいも増えるものです。

ひとつ、

またひとつと、

しあわせな思い出を

つくっていく。

しあわせじゃなかった思い出を

しあわせな思い出に

塗り替えていく。

そうすることによって

うれしい、っていう感覚が

こころにぽろりと

落ちてくるのです。

楽しい思い出があれば、

人はけっこう生きていきます。

5つのお話をさせていただきます。

[ こんなお話をしています]
・いい思い出を思い出す
・イヤな思い出と仲良くする
・誰かの思い出に残る方法
・過去の写真
・思い出を大切にするということ



画像の説明


うれしぴポエム「大切に忘れる。」

大好きだった人、

大事に思っていたもの。

すてきな記憶。

特別な場所。

戻れない時間。

また会いたいキモチ。

すごく好きだった感触。

二度と出会えない

そんなものだから

ずっと持っておきたい。

ずっと守り続けていたい。

そう思っているから、

いえ、そう思っていたからこそ、

うしろめたさがあるんですよね。

冷たい自分。

ずるい自分。

情けない自分。

弱い自分。

不誠実な自分。

そういう自分に

背を向けるわけには

いかないと真摯になって。

ずっとずっと

覚えておこうと必死になって。

ずっとずっと

それでもずっとずっと

持ち続けていたんですね。

でも、

もう

忘れていいです。

捨てるんじゃない。

忘れることはきっと、

もっとやさしい。

1306_オモテ影

今月の特集テーマは

かなしみいやしです。

今回の作品は・・・



画像の説明




うれしぴトーク「かなしい。」


かなしいと、うれしいは、

正反対にあるものと思われています。

だから、かなしいキモチでいると

うれしいキモチにはなれないって

決めつけてしまっていたりもします。

でもほんとうは

かなしいがあるから

うれしいがあるのです。

うれしさを

もっと慈しめるように

かなしさについて

もっと、知っていきたいものです。

僕なりの「かなしい」について

7つのお話をさせていただきます。

[ こんなお話をしています]
・かなしいってきもちについて
・かなしいはやさしいになる理由
・かなしいをいつ食べる?
・詩の朗読
・かなしいを見捨てない
・かなしみはわけあわなくていい
・かなしいとの接し方




画像の説明


うれしぴポエム「悲しみを優しさに。」

悲しいキモチは

愛情とは感じにくいから

つい嫌ったり邪魔者扱いしたり、

怖がったりしてしまうものです。

なるべく

悲しい想いはしたくないし

いざ直面したなら

できるだけ早く

悲しい想いを消し去りたいと

考えてしまうのがふつうです。

だけど

悲しいキモチが

深ければ深いほど

長くのびた根っこまで

引き抜くことはむずかしくて。

だから

チカラが必要になったり

他人の助けをもとめたり

目に見えてる花だけ切り取ったり

踏みつけてぐちゃぐちゃにしたり。

そういう風にして

なんとかがんばってみるけど

どんどん悲しいキモチは

固く、冷たく、なっていく。

ほんとうは

やわらかくてあたたかいはずの

その悲しいを

自分の心の中の

栄養にするために。

「悲しみを優しさに」

変えられるように

こころが透き通っていく30編の

フォトポエムを、あなたに。

1305_表紙_影




すなおになれたら

あのひとにやさしくできるのに。

すなおになれたら

そのひとのしあわせを祝福できるのに。

すなおになれたら

イヤなものはイヤと断れるのに。

すなおになれたら

もっと笑えるのかもしれない。

すなおになれたら

もっと泣けるのかもしれない。

自分らしさに迷ったり

自分らしさを疎んだりせず

ありのまますなおな自分を

どれだけか今日より愛せたら

きっときっと嬉しくなれる。

今回の作品は・・・



画像の説明




うれしぴトーク「まままま。」


うれしいキモチになれるときって、

こころがおだやかであるときです。

こころおだやかなときって、

きっとありのままであるときです。

ありのままであることができたら

うれしいことをたくさんみつけて

あじわうことができるはずです。

[ こんなお話をしています]
・ありのままって何?
・"まあまあ”でいい
・これがいいより、これでいい
・「間(ま)」を大切にして




画像の説明


うれしぴポエム「うまれてよかった。」

うまれてよかったのかな?

ときどきこんなキモチになって

過去へも未来へも行き場がなくなって

そして今から身動きがとれなくなる。

誰かに答えをみつけてほしいけれど

それはあんまりよくない気がして

自分で答えを探してはみたけれど

やっぱり欲しいものは手に入らずで

だとしたらもう

他の誰かからもらえる答えを

まずは自分の正解にするのもいい。

「うまれてよかった」

そう心から思えるようにと

願いを込めてつくった30編の

フォトポエムを、あなたに。
ーーー

画像の説明




1304号のうれしぴは

ごきげんよろしくをテーマに

特集を組んでいます。

3月、4月は、

別れの季節、そして出会いの季節。

別れを受け入れて、出会いを受け入れる。

その中身は・・・




画像の説明

うれしぴトーク「つづける。」


つづけることについて、

いろいろ考えてみたら、

つづけているあなたを

好きになってしまいました。

つづけることについて、

好きになったり嫌いになったりして

やがて自分がうれしい方を

選んだらいいのかもしれません。

あなたが続いていくように

ふたりが続いていくように

そしてそれをうれしいと思えるように

30分あなたのために声に込めました。



[ こんなお話をしています]
・続けるために見つけるもの
・大切なのはキモチの変化
・続かない間に起きていること
・なぜ続けなければならないのか
・KAZUとNAKATAの続け方




画像の説明


うれしぴポエム「しあわせなわかれ。」


そのとき別れは悲しいもの。

大切にしていた何かを

奪われてしまうような感覚。

大切な何かを奪い去ろうとする

例えそれが愛しい人だったとしても

奪われた大切なものを思うと、

その大切なものに通っていた

いくつもの喜び、悲しみ。

離ればなれになるなんて

想像することさえできなかった昨日が

今はもう目に映らないほどの彼方へ。

彼方を選ぶのも

此処を選ぶのも

かんたんではない決断だったはず。

その愛しき決断を

受け入れることは愛で、

受け入れないことも愛です。

  • - - - - - -



    画像の説明




    1303号のうれしぴは

「ゆるしあわせ」をテーマに

特集しています。

その中身は・・・



画像の説明
うれしぴトーク「すきらい。」
すき、と、きらい、は、

とってもややこしいけど

でもかならずうまれくるもの。

うれしいほうへ

キモチをみちびくためには

すきともきらいとも

上手につき合えると便利です。

そんな「好き」「嫌い」との

おつきあいの方法について

吉井春樹流のコツをお話しています。

[ こんなお話をしています]
・好き嫌いの完璧主義
・嫌色メガネをかけている
・自分を好きになるために
・恋愛における好き嫌い
・人間関係における好き嫌い




画像の説明
うれしぴポエム「いいときもわるいときも。」

すこやかなるときもやめるときも
なんじはそのひとをあいしぬくことをちかいますか。
すこやかなるときもやめるときも
なんじはこのひとをあいしぬくことをちかいますか。

いいひともいれば
わるいいともいます。

いいじきもあれば
わるいじきもあります。

いろんなときどきで
自分や他人や社会や世界を
そっと許してあげられる。

それは
まわりのひとたちの
しあわせへのトビラを開くことであり
なにより自分自身のしあわせを
受け入れることになる気がします。

そんなうれしいキモチを
みつけられるはずのフォトポエム30編。


  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


次号1302号の特集テーマは
「じぶんにあうしあわせ」


画像の説明

自分似合う幸せ。
自分に合う幸せ。

どっちでも
いい方でいいです。

大切なのは
着心地がよくないけれど
高そうな服を着ることじゃなくて。

うれしいのは
窮屈だけどガマンして
流行に乗っかることでもなくて。

自分にあう、かどうかだと思います。

何がしあわせなのか、
それって自分が一番知ってる。

だから自分でちゃんと
自分にあうものたちを
選んでいくことが大切。

服も、好きな人も、
仕事も、気分も、生き方も
いろいろなものを、自分にあうスタイルで。

<2枚組CDのタイトル>
画像の説明
うれしぴトーク「おにあい。」

画像の説明
うれしぴポエム「しあわせサイズのはかり方」





※つぎの第3弾(1302号)のプレゼント↓
吉井春樹のフォトポエムービーDVD。
作詩、写真撮影、そして朗読。

画像の説明

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


    画像の説明


    好きから
    始めよう
    と思って。


    うれしい毎日を過ごすためには、
    何かを変えることが理想的です。

何かを変えるためには、
何かを始めるのが一番です。

何かを始めるためには、
誰かを好きになることです。

好きになることは
うれしい時間をつくる魔法。

画像の説明
▼「きっかけ。」

 「幸せ咲かせる種を蒔こう」

 (こんなことを30分お話します)
 ・大それた理由って必要?
 ・きっかけの作り方
 ・生まれた理由で感動した
 ・ちょっと好きかも”かも”は入口


画像の説明
▼「もう一度、好きになるための準備。」

 もうずいぶん好きな人がいないあなたへ。
 ひとを好きになるってどんなキモチだったか
 思い出すために、取り戻すための、30のレッスン。

3周年御礼の3ヶ月連続溺愛プレゼント企画
第2弾の「クドキ文句ミニBOOK」の試作品。

画像の説明
手のひらにちょうど乗せられるサイズ。
ナチュラルファブリックなブックカバー。


画像の説明
クドキ文句は二人のとっておきなので
いつも赤い糸で結ばれています。


画像の説明
クドキ文句ミニBOOKの中はぎっしり。
何層にも想いを重ねてお伝えします。


画像の説明
中身はまだ白紙。お届けする実物は、
吉井が手書きでメッセージを書きます。


画像の説明
手書きのクドキ文句をいっぱい
考えて書き出してみています。


画像の説明
今のところ全部で200個以上。
どれかがあなたのクドキ文句ミニBOOKに収録。


画像の説明
きっとあなたの大好きな人の心に響く、
クドキ文句があることを本気で願って。


月刊うれしぴ1212号の表紙デザイン刷新!
画像の説明


もれなく今日も、


プレゼント日和。


大切な人にプレゼントを贈る。


それはいろいろな楽しみ方が


隠されているとっておきの時間。


毎日、見逃しているたくさんの贈り物を


ちゃんと見つけられるように、受け取れるように。


毎日だれかからのプレゼントが


贈られてくるなんて、あきらかにうれしい。




中身の2枚組CD
うれしぴ1212CD


うれしぴトーク「おぎふと。」
 「毎日が神様からのギフト」
 (こんなことをお話します)
 ◎からだは誰からの贈り物
 ◎時間はプレゼントの話
 ◎プレゼントエピソード
 ◎喜ばれるプレゼント交換のコツ



うれしぴポエム「あなたがくれもの」
 あなたがプレゼントしたつもりがなくても
 いつのまにか僕に与えてくれている
 たくさんのしあわせやよろこびを言葉にして。
 感謝のキモチをプレゼントするような詩集。




今号限定の「溺愛プレゼント」
卓上の幸福カレンダー
画像の説明

画像の説明

画像の説明

卓上の幸福に気づかせてくれる想いを込めて

  • - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional